Appleデベロッパーアカウント、復活しました!

Appleからアプリリジェクトで国際電話がかかってきた。

おはようございます!

先日、Appleからアカウント停止を受けて、結局AppStoreでリリースしていたアプリを全て削除されました。。。

昨日、ついにAppleデベロッパーアカウントを復活できたので、記事を書きたいと思います。

これまでの経緯はこちら↓

1. Appleからアプリリジェクトで国際電話がかかってきた

 

2. iPhoneアプリリジェクトDesign4.3 を解決するための試行錯誤と現状報告

 

3. Apple審査またしてもリジェクト。。4.3リジェクトの脅威!

 

4.Appleからの脅迫!!不正行為でiPhoneアプリ開発アカウント削除の危機!?

 

5.Appleさん、僕のアプリ50個葬ったら、審査通してくれますか?

 

6. Appleリジェクト問題、恋愛ごっこに発展!?

 

7.Appleリジェクト問題がついに終焉。。。Appleとの別れ。。。

 

8.Appleとの戦い再び!リジェクト受けたアプリを再申請してこの戦いを終わりにする

 

9.Appleリジェクト問題、いよいよ国際電話で直接対決するしかないっぽい。

 

10. Appleにアプリをリジェクトされた件で直接電話で話し合いしたいんだけど。

 

11. Appleアプリリジェクト問題、Appleからついに連絡がきた!

 

12.Appleアプリリジェクト問題、Apple担当者と国際電話で直接対決!いらだちMax!

 

13. Appleリジェクト問題、さらにアプリを削除。徹底的にAppleと戦う

 

14. Apple リジェクト問題、完全終了ゲームオーバー。。。。。。。

 

15. Apple リジェクト問題、アカウント停止から一夜明けて。。

 

16. Apple リジェクト問題、Appleにアプリが全て削除された!!

 

Appleデベロッパーアカウントを作り直すか悩む。。。

 

アカウント停止を受け、ストアからアプリを全削除され、ここ数日ずっとモヤモヤしていたんですが、

アカウント復旧のためAppleとやりとりしても、結局復旧できない可能性の方が高そうっていう点と、Appleとやりとりした結果、何も進展せず、時間を浪費してしまう可能性が高そうということが考えられたので、

Appleデベロッパーアカウントを新規で作り直せばいいんじゃね?

という考えに至りました。

今まで使っていたApple IDではなく、新たにApple IDを作成して、

Apple Developer Programを購入するっていう最終手段。(というか裏技?)

 

Apple Developer Programは1年契約なので、アカウント停止されたやつはまだ契約期間内ではあるけれど、何もさせてもらえないし、AppStoreからアプリも削除されたから、もう停止されたアカウントに固執する意味もない。

けど、懸念点が1点。

Appleが、停止されたアカウントと同一人物だったを判断した場合、新規のアカウントも停止されるんじゃないか?

ってこと。。

 

Apple IDを作り直して、Apple Developer Programを再度購入しても、Appleから、

「こいつブラックリストに乗ってるやつじゃね?アカウント停止!!」

って言われたら終わりです。。

 

まあ、Appleが停止したアカウントをどこまで管理しているのか?ってことと、

僕の行為(アプリ量産でスパム行為とAppleは判断)がどこまでAppleにとっていけないことなのか?を検証する意味でも試してみる価値はあるかと思ったんで、

思い切ってやってみる事に。。

 

Apple デベロッパーアカウント作成のための準備。

 

Appleデベロッパーアカウントをもう一回作り直すために、

・Googleアカウント(Appleとやりとりするためのメールアドレス)

・Appleアカウント(Developer登録するために必要。iPhoneでAppStoreにログインする時に使うようなアカウントです。)

を用意しました。

今回作り直す上で重要なのは、前回のAppleアカウントとなるべくアカウント情報が被らないようにする事。

(なんか、だんだん詐欺師みたいにいけない事をしているような気分になってきましたが、、)

Googleアカウントは、まるっきり新規で作るからOKで、

Appleアカウントは、クレジットカード登録をしないで作成しました。

名前はネットで調べてみたら、本人確認とかされる可能性もあるという事だったんで、前と同じ本名で登録。。

(名前が一致するからここでちょっと危険度が上がる。。)

とりあえず、準備が終わりました。

 

いよいよApple Developer Programを購入してみる。。

 

準備ができたんで、いよいよ Apple Developer Programを購入してみる。

ドキドキです。。。

AppleのデベロッパーサイトにApple IDして、

 Apple Developer Program の購入画面へ。

 Apple Developer Program の購入に必要なのは、以下の情報

・電話番号

・住所

・支払い情報

電話番号は前回と同じ、、、

住所は、前回のアカウント登録時から引っ越したんで、違う住所として登録(やった!)

で、支払い情報ですが、今はクレジットカードとAppleStoreギフトカードで選べるらしい。。

 

クレジットカードは登録したくなかったんで、AppleStoreギフトカードの方で購入する事にした。

ただ、、ここで勘違いが発生。。

AppleStoreギフトカードで購入する場合、PINコードのようなものを入力するんですが、

僕はてっきり、AppleStoreギフトカードは、iTunesカードとイコールなのかと思ってました。

 

なので、コンビニでiTunesカードを1万3千円分購入して、PINコードを入力したところ、

これは有効なPINコードではありません。

とのエラー。。

なんでだよ!またAppleやりやがったな!って思いつつ、よくサイトをみたら、

iTunes カードは利用できません。

ってちゃんと書いてありました。。。

 

みなさん、書いてある事はちゃんと読みましょう。。。

あとあと調べてみたら、Apple StoreギフトカードはAppleStoreで購入できるものらしい。。

(もうちょっと調べてからやればよかったw)

 

【豆知識】Apple Storeギフトカードの購入方法、使い方、iTunesカードとの違い

「Apple Storeギフトカード」について解説します。
Apple Storeでの買い物に利用できる、プリペイドカードです。

ギフトカードの購入方法

Apple Storeの店頭で販売されています。
カードは4種類あります。

  • 3,000円(シルバー)
  • 5,000円(スペースグレイ)
  • 10,000円(ゴールド)
  • 無記入(ホワイト)50万円まで、好きな金額を設定して購入できる。チャージも可能

ホワイトのカードは、店頭で残高をチャージしなおすことができます。
Appl公式サイト(オンラインストア)では、メールで送信するギフトカード(コードのみ)も購入できます。
オンラインで買うメール送信のギフトカードは、本物のカードが贈られるわけではありません。

 

まあ、でもiTunesカード使えないし、AppleStoreも近くにない。

その日中になんとかしたかったんで仕方なくクレジットカードで支払い。

(一応、前回のアカウントと別のクレジットカードを使いました。)

今、Apple Developer Programって高いんですね。。

税込12700円くらいでした。

前は7800円くらいだったのに。。。

 

クレジットカード情報を登録して、購入画面へ。

 

Appleデベロッパーアカウント、復活しました!

Appleデベロッパーアカウント

 

注文できました!!!

とりあえず、注文はできた。

ネットで調べて見ると、このあと本人確認とか、アクティベーションを行って、

失敗するとAppleとやりとりが必要らしい。

 

 

 

Apple Developer Programは購入できたけど。。。

 

一応、購入はできたんですが、

そのあとApple Developerサイトでログインしても、

アカウントのステータスが「Pending」のまま。。。

もしかしたら、やっぱダメですメールがAppleから届くんじゃないか?

 

あなた停止してるアカウントがすでにありますよね?って連絡が来るんじゃないか?

 

って考えていると色々不安になってきました。

ネットで調べて見ると、1日後とかにアクティベーション完了連絡がきたって人もいた。

とりあえず放置する事に。。

 

そしてAppleから連絡が。。。

 

放置から5時間後、Appleからメールが届きました。

恐る恐る開けて見ると。。。

Welcome to the Apple Developer Program.

Thank you for joining the Apple Developer Program. You can now take advantage of membership benefits to create and distribute innovative apps. Learn how to get started.

To manage your membership information and resources, sign in to your account.

Best regards,

Apple Developer Program Support

 

よっしゃーーーーーーーーー!!!

やりました!Apple Developerアカウント復活です。

最近、嬉しいことが少なかったんで、久しぶりに嬉しかった!

 

今後の予定と、懸念点。

 

という事で、無事Apple Developerアカウントが復活しました。

またiOSアプリが作れると思うととても嬉しいです。

とりあえず、今後1ヶ月くらいは、

・まるっきり新規のアプリをまずアプリ申請して見る。

・過去のアプリを形を変えて出して見る。

ってことをやって行きたいと思います。

 

ただ、懸念点として、

・Appleに審査タイミングで、前の停止したアカウントと同じ開発者であることがバレるんじゃないか?

・前リリースしていたアプリを出すことで、バレるんじゃないか?

ってことがあります。

 

とりあえず、アカウントは復活できたから(正確には作り直し)、

今後はApple のガイドラインをよく読んで、Appleと仲良くやって行きたいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

 

づづきはこちら↓

iOSアプリ開発復活!復帰第1弾をAppleへ申請!リジェクトは勘弁。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です