Appleリジェクト問題の再燃!?復帰第一弾がリジェクト!!

Appleからアプリリジェクトで国際電話がかかってきた。

おはようございます!

先週の土曜日に申請した、復帰第1弾のアプリがリジェクトを受けました。。。

これまでの経緯はこちら↓

・ Appleリジェクト問題、さらにアプリを削除。徹底的にAppleと戦う

 

・ Apple リジェクト問題、完全終了ゲームオーバー。。。。。。。

 

・ Apple リジェクト問題、アカウント停止から一夜明けて。。

 

・ Apple リジェクト問題、Appleにアプリが全て削除された!!

 

・ Appleデベロッパーアカウント、復活しました!

 

・iOSアプリ開発復活!復帰第1弾をAppleへ申請!リジェクトは勘弁。。

 

アカウント復帰後、第1弾として申請したアプリがAppleにリジェクトされてしまいました。

「もしかしたら前のアカウントと同じ奴って事がバレた?・・・」

また同じことのくりかえしかよ。。。新しくiOSデベロッパーアカウントを作る為に払った年会費がパー?お金返してもらえんの?

とか、いろいろ考えつつ、おそるおそる問題解決センターを見に行ってみる。

 

復帰第1弾のリジェクト理由。

 

問題解決センターには、以下のような内容が書かれていました。

Guideline 2.3.7 – Performance – Accurate Metadata

 

Your app name or subtitle to be displayed on the App Store includes keywords or descriptors, which are not appropriate for use in these metadata items.

Specifically, the following words in your app name or subtitle are considered keywords or descriptors:

Japanese App Name – (アプリ名)-

It would be appropriate to have a consistent app name for all localizations.

Next Steps

To resolve this issue, please revise your app name or subtitle to remove any keywords and descriptors from all localizations of your app. Keywords can be entered in the Keywords field in iTunes Connect to be used as search terms for your app.

Resources

For information on how to revise your app name, please review Renaming a Project or App.

For information on changing the app name and other metadata in iTunes Connect, please review the View and edit app information page.

For resources on selecting a memorable and unique app name and subtitle, you may want to review the App Store Product Page information available on the Apple developer portal.

 

以下Google翻訳です。

ガイドライン2.3.7 – パフォーマンス – 正確なメタデータ

 

App Storeに表示されるあなたのアプリ名またはサブタイトルには、これらのメタデータアイテムでの使用には適していないキーワードまたは記述子が含まれています。

具体的には、あなたのアプリ名またはサブタイトルの次の単語は、キーワードまたは記述子と見なされます。

日本のアプリ名 – (アプリ名) –

すべてのローカリゼーションに一貫したアプリ名を付けるのが適切です。

次のステップ

この問題を解決するには、アプリ名や字幕を改訂して、アプリのすべてのローカリゼーションのキーワードとディスクリプタを削除してください。キーワードは、iTunes Connectの[キーワード]フィールドに入力して、アプリの検索キーワードとして使用できます。

リソース

アプリ名を変更する方法については、プロジェクトまたはアプリの名前を変更するをご覧ください。

iTunes Connectでアプリ名やその他のメタデータを変更する方法については、「アプリ情報の表示と編集」のページをご覧ください。

思い出に残るユニークなアプリ名とサブタイトルを選択するためのリソースについては、アップルデベロッパーポータルで提供されているApp Store製品ページの情報を参照してください。

 

今回のAppleからのリジェクト内容

 

リジェクト理由は、

「タイトルとサブタイトルがキーワードっぽい」って事と、

「ローカライズに一貫性がない」って事らしい。

 

とりあえず、前回のアカウント停止の一件と関係なくてよかった。。。

 

今回はAppleさんがちゃんとアプリ審査をしてくれたようです。

今の所、普通に新規のクリーンな新米デベロッパーだと思ってくれているような気がする。

それだけでもちょっと前進したような気がする。

 

ただ、懸念点として、

「まだAppleの審査担当はアプリのメタデータ情報しか審査してないのではないか?」って事が考えられます。

これから本格的にアプリの審査をして行った結果、

「お前、前にアカウント停止にしたやつだろ!!」って言われる可能性がある。。

とりあえず、しばらくは、慎重にアプリ申請を行っていきたいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

続きはこちら↓

Apple リジェクト問題、復帰第1弾がまたしてもリジェクト。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です