LINEアプリiPhone版、古いバージョンに脆弱性発覚!最近アプリのアップデートしていない人は早めのアップデートを!

LINEアプリiPhone版、古いバージョンに脆弱性発覚!最近アプリのアップデートしていない人は早めのアップデートを!

LINEアプリのiPhone版で、古いバージョンのアプリに脆弱性が発覚したようです。

盗聴や改竄が行われる恐れがあるようなので、ここ最近LINEアプリをアップデートしていないiPhoneユーザーは早めに最新版へアップデートした方が良さそうです。

LINE iPhone版、古いバージョンに脆弱性が発覚!

 

LINEによると、LINEアプリiPhone版の古いバージョンで脆弱性が発覚しました。

LINEアプリで発覚した脆弱性の内容

 

SSLサーバー証明書の検証不備の脆弱性。

LINEアプリに組み込まれたサードパーティ製のSDKの脆弱性に起因したもののようです。



脆弱性のあるiPhoneのアプリバージョン

 

LINEアプリ(iPhone版) ver 7.1.3〜7.15が脆弱性のあるアプリバージョンとのこと。

2018年2月22日現在で最新版はver8.2.1ですが、7.15は約3ヶ月前にリリースされたバージョンです。

もし、ここ3ヶ月くらいアプリのアップデートを行っていない場合などはアップデートした方が良さそうです。

LINEアプリiPhone版、古いバージョンに脆弱性発覚!最近アプリのアップデートしていない人は早めのアップデートを!

LINEアプリiPhone版、現時点では8.2.1が最新版

LINEアプリiPhone版、古いバージョンに脆弱性発覚!最近アプリのアップデートしていない人は早めのアップデートを!

脆弱性の発覚したバージョンは3ヶ月前リリースされている

iPhoneに入っているアプリのバージョンを確認する方法は以下の記事でまとめているのでよかったらこちらもどうぞ↓

【iOS11】iPhoneに入っているアプリの実際のアプリバージョンを確認する方法

2017.12.15

 

LINEアプリで発覚した脆弱性の危険

 

悪意のあるWi-Fiを使ってLINE iPhone版を利用し、特定の暗号化通信を行った場合、内容の盗聴や改竄が行われる恐れがある。

 

LINEアプリで発覚した脆弱性の影響

 

LINE内で表示される各サービスや外部サービスを利用する際の通信が対象。

トークの内容や無料通話、ビデオ通話は一部を除き影響を受けないとのことです。

また、LINEアプリ ver7.1.3〜7.15のアプリでは影響を受けますが、7.1.3未満のアプリや、7.16以降のアプリバージョンでは本脆弱性の影響を受けないようです。

 

LINE iPhone版、古いバージョンに脆弱性が発覚! まとめ

今回はLINEアプリiPhone版の古いバージョンに脆弱性が発覚したニュースを紹介しました。

最近では、脆弱性を悪用したニュースなどもよく目にするので、アプリは定期的に最新版にアップデートするよう心がけた方が良さそうです。

 

その他おすすめ記事

LINEの誤爆防止する新機能「送信取消」機能の使い方・送信を取り消すことができる条件など

2017.12.13

LINEの送信取消機能が使えない!取り消しができない!って人にチェックして欲しいことまとめ!

2017.12.13

LINEで送信取消を相手に通知させない方法は?送信を取り消したことを相手にバレたくない場合は?等の疑問について

2017.12.13

LINEの送信取消機能よりもLINE誤爆を防げるかも!?設定しておきたい誤爆対策

2017.12.18

LINEで「クリスマス」や「サンタ」を入力しても演出が表示されないって人に確認して欲しいこと

2017.12.25

LINEで誤爆した時に使える!?送信取消後上手に誤魔化せる「LINE誤爆スタンプ」が続々登場!

2017.12.27
LINEアプリiPhone版、古いバージョンに脆弱性発覚!最近アプリのアップデートしていない人は早めのアップデートを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です