iOS11.2でiPhone6s以下の端末にもWi-Fiの脆弱性対策を行ったことをAppleが公表!

iOS11.2でiPhone6s以下の端末にもWi-Fiの脆弱性対策を行ったことをAppleが公表!

以前、Wi-Fiの暗号化システム「WPA2」に脆弱性が見つかったことが話題になりました。

この問題を受けAppleはiOS11.1で対応を行いましたが、iPhone7以降の端末に限ったものでした。

先日Appleがサポートページを更新し、iOS11.2でiPhone6s以下の端末にもWi-Fiの脆弱性対策を行ったことを公表しました。

 

ちなみにその他おすすめ記事はこちら↓

iOS11.2の不具合・変更点まとめ!iPhoneをiOS11.2にアップデートした人の声や評判、新機能など

2017.12.04

iOS11.2でカメラのピントが合わなくなる不具合が発生!iPhone8やiPhone8 Plusのカメラなどで報告

2017.12.06

YouTubeのロゴがRewindに変更されてしまうのは何で?YouTubeの不具合?等の疑問について

2017.12.08

 

AppleがiPhone6s以下の端末もWi-Fi不具合の対応を行ったことを公表!

 

AppleがiOS11.2のセキュリティコンテンツについてのページを更新し、Wi-Fi関連の修正を行ったことを公表しました。

Wi-Fi

Available for: iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone SE, iPhone 5s, 12.9-inch iPad Pro 1st generation, iPad Air 2, iPad Air, iPad 5th generation, iPad mini 4, iPad mini 3, iPad mini 2, and iPod touch 6th generation
Released for iPhone 7 and later and iPad Pro 9.7-inch (early 2016) and later in iOS 11.1.

Impact: An attacker in Wi-Fi range may force nonce reuse in WPA multicast/GTK clients (Key Reinstallation Attacks – KRACK)

Description: A logic issue existed in the handling of state transitions. This was addressed with improved state management.

CVE-2017-13080: Mathy Vanhoef of the imec-DistriNet group at KU Leuven

参考:About the security content of iOS 11.2

 

iOS11.2でWi-Fiの脆弱性対策が行われた端末

AppleがiOS11.2でWi-Fiの脆弱性対策を行った端末は以下です。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • 12.9-inch iPad Pro 1st generation
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad 5th generation
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2
  • iPod touch 6th generation

 



なぜiOS11.1ではiPhone6s以前は脆弱性対策がなされなかったのか?

 

ここで疑問に思うのが、iOS11.1でも脆弱性の対策はされていたけどなぜiPhone6s以前はiOS11.1では修正されなかったのか?

が気になると思いますが、カミアプさんの記事によると、

WPA2の脆弱性は「KRACKs」と呼ばれており、そのKRACKsは1つの脆弱性から成っているのではなく10件の脆弱性から成っています。

iOS 11.1ではこの10件のうちiPhone 8/8 Plus/Xのみに影響する脆弱性2つを修正しており、この2つに関しては「iPhone 6s以下は対策不要」だったわけですね。

そしてiOS 11.1ではこの2つ以外にも1つを修正しており、このときはiPhone 7以降を対象にしていたのですが、今回のiOS 11.2でiPhone 6s以下も対象となったということのようです。

参考:Apple、iPhone 6s以下の「Wi-Fi脆弱性」をiOS 11.2で修正していたことが判明

 

まとめると、

  • Wi-Fiの脆弱性はもともと10件あった
  • iOS11.1で修正した2件の脆弱性はiPhone6s以前の端末に影響のない脆弱性だった
  • iOS11.2で修正された脆弱性はiPhone6sも影響を受ける脆弱性だったため6sも修正がかかった

ということのようです。

 

iPhone6s以前の人はiOS11.2に早めにアップデートした方が良さそう。

 

僕の使っているiPhoneSEも「iPhone6s以前」に含まれる端末でした。

iPhoneSEは購入してから2年経ってないきがするので、iPhone6s以前のくくりに入っていることに驚きましたが、

セキュリティに関する修正があった場合は早めにアップデートした方が良さそうです。

 

その他おすすめ記事

iOS11.2の不具合・変更点まとめ!iPhoneをiOS11.2にアップデートした人の声や評判、新機能など

2017.12.04

iOS11.2でカメラのピントが合わなくなる不具合が発生!iPhone8やiPhone8 Plusのカメラなどで報告

2017.12.06

YouTubeのロゴがRewindに変更されてしまうのは何で?YouTubeの不具合?等の疑問について

2017.12.08

 

 

 

iOS11.2でiPhone6s以下の端末にもWi-Fiの脆弱性対策を行ったことをAppleが公表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です