iOS11.1でWi-Fiのセキュリティ問題が修正されるのは一部の機種だけ!【注意】

iOS11で画像や動画の容量が50%削減されるらしい!どーやって削減するの!?

iOS11.1をAppleがリリースしましたね。

iOS11.1では、新しい絵文字の追加や、Wi-Fiのセキュリティに関するバグ修正も行われているのですが、

Wi-Fiのセキュリティに関するバグが修正されているのは、iPhone7など、一部の端末に限るらしいです。

Apple、WPA2暗号化の脆弱性を修正した「iOS 11.1」、ただし機種限定

米Appleは31日(現地時間)、iOS、macOS、tvOS、watchOS向けのセキュリティアップデートを提供開始した。

iPhoneやiPad向けのiOSは「11.1」となった。「iPhone 5s」以降で適用でき、多くの脆弱性が修正されている。ただし、10月中旬に公開されたWPA2暗号化の脆弱性(KRACK)への対応については、「iPhone 7」または「iPad Pro 9.7インチ(early 2016)」以降に限定されており、iPhone 5s/6/6sは対象外になっていると見られる。

macOS High Sierra 10.13.1でも多くの脆弱性への対応が行なわれた。WPA2の脆弱性については、10.13のほかに、macOS Sierra 10.12.6、およびOS X El Captain 10.11.6向けに対策を行なう。

tvOSは11.1となり、「Apple TV 4K」および「Apple TV(第4世代)」に適用できる。脆弱性対策が中心だが、WPA2脆弱性の対応についてはApple TV 4Kのみの対応となっている。

スマートウォッチの「watchOS」は4.1となった。こちらはSeries 1とSeries 2両方ともに、WPA2の脆弱性への対策が行なわれている。

 



 

iOS11.1は、iPhone5s以降でアップデートできますが、iPhone5sやiPhone6、iPhone6sは対象外とのこと。。

iPhone5sはまあいいとして、iPhone6とか6sは対象にできなかったのかな?

まだまだ普通に使っている人が多いと思う。。

僕の使っているiPhoneSEは、iPhone7がでたくらいに購入したので、おそらくギリギリセーフだと思われます。。こわー。

今後AppleがiPhone5sや6に対して修正をかけるかって考えると、ちょっと微妙かもしれません。

(もしかして、iPhone5sや6はもうAppleに見放されてる?・・・)

iPhoneXもでることですし、そろそろ買い換えてもありかもですね。。

 

iOS11の不具合情報をまとめて見ました。よかったらこちらもご覧ください↓

iOS11の不具合情報まとめ。iOS11.1.1までに発生したバッテリー消費などの不具合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です