iOSアプリは今後iPhoneX対応が必須に!?2018年4月以降リリースされる新規アプリのiPhoneX対応義務化

iOSアプリは今後iPhoneX対応が必須に!?2018年4月以降リリースされる新規アプリのiPhoneX対応義務化

Appleが2018年4月以降に申請される新規アプリではiPhoneXのSuper Retina Displayへの対応が必須にすることを明示したようです。アプリ開発者の方でまだiPhoneXに対応していない人は早めに対応した方が良いかもしれません。

 

Appleが2018年4月以降の新規アプリをiPhoneX対応必須に!

 

9to5Macによると、2018年4月以降申請される新規iOSアプリではiPhoneXのディスプレイのサポートや、iOS11 SDKでビルドされたアプリであることなどが原則になるとのことです。

iOSアプリは今後iPhoneX対応が必須に!?2018年4月以降リリースされる新規アプリのiPhoneX対応義務化

参考:9to5Mac

これまでもAppleは32bitのアプリをiOS11では利用不可にしたり、長期間放置されたアプリをAppStoreから削除するなどの施策を行ってきましたが、iPhoneX対応も段階的に行っていくと思われます。(まずは新規アプリをiPhoneX対応必須)



 

既存のアプリのiPhoneX対応期限は?

新規アプリでは2018年4月以降iPhoneX対応必須となりますが、既存アプリに関しては期限に関して触れられておりません。

ただ、今年発売されると思われる新しいiPhoneやiPadではFace IDやベゼルレスデザインの採用が噂されているので、今後は徐々に新しい画面サイズへの対応を行っていく必要がありそうです。

アプリのiPhoneX対応って具体的にはどんな作業?

 

僕も一応アプリをリリースしているので以前iPhoneX対応を行いました。

iPhoneX対応は、具体的にはiPhoneXのディスプレイに適した表示を行うことを指します。

SafaAreaと呼ばれる、アプリのコンテンツを安定して表示できる領域内にコンテンツを収める必要があります。

画面の下にバナー広告を表示するようなアプリでは、広告の位置をSafeArea内に収まるよう調整する必要があります。

詳細は以下の記事で紹介しているのでよかったら見てください↓

アプリ開発でiPhoneX対応したけど、SafeAreaの扱いが重要みたい

 

Appleが2018年4月以降の新規アプリをiPhoneX対応必須に! まとめ

 

今回はAppleが2018年4月以降新規アプリのiPhoneX対応を必須にしたニュースを紹介しました。

iPhoneX対応は対応自体はそこまで大した話ではないので、余計なリジェクトを受けないためにも早めにiPhoneX対応して起きましょう!

 

その他おすすめ記事

iOS11でAppStoreが大幅リニューアル!新機能や変更点まとめ!TodayタブやGameタブが追加!

2017.12.20

iOS11のAppStoreのTodayで紹介されたアプリを毎日ダウンロードした人の話

2017.11.15

iOS11のAppStoreでは「Today」で紹介されるとアプリダウンロード数急増!?

2017.10.25

AppStoreで「無料トライアル」が開始!1Passwordなど人気アプリの定期購読が初回のみ一定期間無料で試せる!

2018.01.14

iOS11で使えなくなるアプリは約18万本!?全アプリの8%相当のアプリが未だ32bit

2017.10.20

AppStoreから大量のアプリが削除された!?iOS11リリースまでにAppleが大掃除!?

2017.06.23
iOSアプリは今後iPhoneX対応が必須に!?2018年4月以降リリースされる新規アプリのiPhoneX対応義務化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です