Apple Music向け?Appleがスピルバーグ作品のリメイク権を56億円で獲得!?

Appleからアプリリジェクトで国際電話がかかってきた。

Appleが、スピルバーグ監督のヒット作のリメイク権を56億円で獲得したそうです。

Apple、スティーブン・スピルバーグ氏のヒット作リメイク権を56億円で獲得か

Appleが、映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏の制作会社、Amblin等と契約し、1980年代の人気SFドラマ「世にも不思議なアメージング・ストーリー」10話のリメイク権を獲得した、と米紙Wall Street Journalが報じています。1話あたりの契約額は500万ドル(約5.6億円)と報じられています。

Apple Musicの独自映像充実が目的か

Appleは、現在約3,000万人の有料会員を持つApple Music用の独自映像コンテンツを充実させるべく、「E.T.」「ジョーズ」「インディ・ジョーンズ」「ジュラシック・パーク」など数多くのヒット作で世界的に知られるスティーブン・スピルバーグ監督の力を借ります。

Appleはすでに、Apple Musicで独自番組としてアプリ製作者のリアリティ・ショー「Planet of the Apps」と、豪華なセレブが登場する「Carpool Karaoke」を公開していますが、期待されていたほどのヒットにはつながっていません。

ハリウッドのビジネススタイルに慣れていないと指摘されるAppleは、今年6月にハリウッドの大手制作会社ソニー・ピクチャーズからテレビ番組担当の役員2人を引き抜いて映像制作責任者に据えています。

10話で56億円のリメイク権

Appleがリメイク権を獲得した「世にも不思議なアメージング・ストーリー」は、スピルバーグ氏がエクゼクティブ・プロデューサーとして制作総指揮を執るとされています。

世にも不思議なアメージング・ストーリー Amazon

報道によると契約額は1話あたり500万ドルとのことで、10話で5,000万ドル(約56億円)と見られています。

 

Appleの狙いがApple Musicのコンテンツ充実が目的だとしたら、個人的にはちょっと残念。

最近のAppleを見ていると、ユーザーの囲い込みに必死になっているように思えて仕方がないです。

iPhoneに関しても、今までは、AppStoreからアプリをインストールしてもらうのがメインで、Apple純正なアプリは、最低限の機能のみのシンプルなものだった。

だからユーザーはiPhoneをより便利にするためにAppStoreからアプリをたくさんインストールして行って、

結果的にAppStoreは成長した。

でも最近は、Apple純正アプリを充実させて行って、AppStoreからアプリをインストールしなくてもすむ、iPhoneだけでも完結する仕組みを作ってユーザーを囲い込んでいるような印象を受けます。

コンテンツの充実も大事だけど、映画や動画は、それ専門の会社がやればいいじゃん!

Appleがやる必要なくね?って思います。

資金力があるからこそできる力技だけど、iPhoneの機能を更に革新的なものにするためにお金を使ってくれる方がいいけどな。

このニュースを見て、ゲーム系YouTuberとして成功して、お金があるから誰も見たくもない自己満映画を作って、オワコンになった人を思い出しましたw

まあAppleの株主や役員が望んでいるのであればしょうがないけど、ユーザーがAppleに求めているものはそこじゃないと思う。

スティーブ・ジョブズに今のAppleを見せたら激おこプンプン丸だと思います!w

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です