ミニスーファミで収録タイトル以外のゲームをプレイ可能にするツールが開発された!

絶対欲しい!!!任天堂が手のひらサイズのスーファミを発売!!

ミニスーファミが10月5日に発売されてから数日経ちました。

僕はまだゲットできてないですが、そろそろ落ち着いてきたころでしょうか?

ミニスーファミでは、収録されたタイトル以外のゲームはプレイできない仕組みになっていますが、ハッカーが、ミニスーファミで収録タイトル以外のゲームもプレイ可能なツールを開発したそうです!

「スーファミミニ」で収録タイトル以外をプレイできるソフトが登場

 国内では10月5日に任天堂株式会社が発売した手のひらサイズの「ニンテンドークラッシックミニ スーパーファミコン」。このほど、本製品で収録タイトル以外のROMを対応形式に変換し、プレイ可能とするツールが開発された。開発者は「75%ほどのタイトルが正常に動作する」としている。

開発したのはハッカーの「Cluster」氏で、以前に発売された「ミニ版ファミコン」向けハッキングツール「hakchi2」を新機種にも対応させたものだ。同ソフトウェアはGitHubで公開されている。ただし、ROMの内容を吸い出し、変換する行為には実物ROMの保有にかかわらず著作権法上の問題がある。

なお、Cluster氏は「ミニスーファミ」の解析中に任天堂の開発者からのメッセージも発見しており、「Enjoy this Mini, Disconnect from the present, and Go back to the nineties.(現在から自分を解放し、90年代にかえってMiniを楽しんで)」というテキストが保存されていたという。

「いつか発見されるかも」という思いを込めて保存されていたメッセージと推測されるが、北米およびEUでは9月末に発売されているため、わずか2週間もたたずに発見されてしまったことになる。

 

ミニスーファミに、やりたかったゲームが収録されてなかった。。って人にとっては、嬉しい!?ニュースかも。

 

GitHubに公開されているらしいので、試すことは可能かもしれないけど、ROMを吸い出して変換する行為は著作権法上の問題があるそうなので、試さない方が良いですね。(やって見たいけど。)

そして、ハッカーがミニスーファミを解析した際、任天堂の開発者のメッセージを発見したそうです。こうゆう遊び心が、任天堂は素晴らしいです。

でも任天堂の開発者さんも、まさかこんなに早く見つかるとは思っていなかったでしょうねw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です