iOS11の意外と知られていない新機能、Apple純正のカメラアプリでQRコードが読める

iOS11で画像や動画の容量が50%削減されるらしい!どーやって削減するの!?

iOS11で追加された新機能の中で、紹介し忘れていた機能がありました。

Apple純正のカメラアプリで、QRコードが読めるようになったんです。

今までのiPhoneのカメラアプリでは、QRコードが読めなかったので、QRコード読み取り用のアプリをインストールして使う必要がありましたが、これからはQRコード読み取りアプリは不要になりました。

iOS 11の標準カメラアプリでQRコードを読み取る方法

QRコードを読み取るアプリを入れている方は多いのではないでしょうか。Appleの最新iOS 11からはiPhoneの標準のカメラアプリでQRコードを読み取れるようになりました。

No image

Screenshot: カメきち

使い方は簡単。カメラアプリでQRコードを映し出すだけ。読み取りが完了すると上部にSafariでリンクを開くための通知が表示されます。タップするとSafariが起動し、読み取ったURLへアクセスできます。

 

実際、QRコード読み取りアプリって、QRコード読む以外には使わなかったもんなー。(QR読み取れればOK的な立ち位置)

ほとんどのQRアプリはかわいそうだけど、iOS11でオワコンになりそう。。。

iOS10を使い続けるユーザーを相手にするか、QRコード読み取りはオプション機能としておいて、カメラアプリとしてやっていくしかないんじゃないかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です