YouTuberヒカルが所属する事務所VAZが純損失5700万円の赤字!VALU騒動

YouTuberヒカルが所属する事務所VAZが純損失5700万円の赤字!VALU騒動

VALU騒動で無期限活動停止をしたYouTuberヒカルが所属する事務所、VAZが決算報告を行い、純損失5700万円もの赤字となっているようです。

YouTuberヒカル氏らが所属する「VAZ」、純損失5700万円

VAZ(東京都渋谷区)が10月18日、官報に掲載した決算公告(2017年6月30日現在)によれば、当期純損失は5700万円の赤字(前年同期は1400万円の赤字)、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は7100万円の赤字(同1400万円の赤字)だった。

photophoto第1期(左)と第2期(右)決算公告

VAZは2015年7月に設立。10代に人気のショート動画をメインにしたインフルエンサーマーケティングや、投稿が3時間で消えるコミュニティーアプリ「PROF」を手掛ける。設立時にサイバーエージェント・ベンチャーズアドウェイズから、16年7月にはホリプロ読売テレビエンタープライズなどから資金を調達している。

人気YouTuberのヒカル氏、ラファエル氏、禁断ボーイズらが所属する「NextStage」も運営していた。しかし、個人が「VA」と呼ばれる模擬株式を発行して資金を調達するサービス「VALU」で、ヒカル氏らが期待をあおるような言動で自らのVA価格を吊り上げた後、“投げ売り”する騒動がぼっ発。VAZとNextStageの顧問を務めていた井川氏が急きょ辞任し、ヒカル氏らは謝罪、無期限で活動を停止――という状態になっている。

photoVAZの公式サイトより

ここがポイント

ヒカル氏らの“VALU騒動”が話題になったVAZ。同じく人気YouTuberのマネジメント事業を行っているUUUMが、17年7月に上場を達成したのと比べると、やや冴えない印象を受けてしまいます。

今回の決算公告では第1期の結果も出していますが、こちらは昨年「当期純利益が1000円」という、やや疑問符の付く内容だったのを再提出したもの。今回の騒動を含め、ビジネス的にも会社組織としても、まだ“仕上がっていない”状態なのかもしれません。これから実績で勢いを取り戻せるのか、注目です。

photo当期純利益が1000円だった
VALU騒動前は、勢いを見せていたVAZですが、
この騒動によるダメージは、想像以上ですね。。
ビックマウスなところもありますが、抜群の行動力を見せていたヒカルには注目していたんですが。。
ここからどうやって巻き返しを測るのか、YouTuberヒカルとVAZに期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です