ミニスーファミのヨーロッパ版を入手した人が早速レビュー!10月5日が待ちきれない!

絶対欲しい!!!任天堂が手のひらサイズのスーファミを発売!!

ミニスーファミの発売日まであと2日。。早くゲットしたくてそわそわしますが、

ミニスーファミを早速ゲットした人が現れたようです!この方がゲットしたのはヨーロッパ版らしいですが、多少内容の違いはあっても、ミニスーファミであることには変わりありません。僕も早く手に入れたい。。

手のひらサイズ「ミニスーファミ」10月5日に発売! ヨーロッパ版をレビュー

日本では2017年9月16日より各量販店などで予約受付を行なわれ、瞬時に売切れが続いたニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン、略して「ミニスーファミ」。海外でもアメリカやイギリスを始め、熱狂的なニンテンドーファンの予約状況などが随時ニュースとなってきたが、欧米にて9月29日に待望となる販売が開始された。さっそく在住中のイギリスにてヨーロッパ版を発売日に入手したので、ハードウェアレビューを行いたいと思う。

収録のタイトルは21個

ヨーロッパ版に収録されているタイトルだが、タイトル数は日本版と同じく21タイトルと数は同じものの、タイトル自体は少々異なるものが収録されている。スーパーマリオワールドやゼルダの伝説 神々のトライフォース、スーパーマリオカートなどが含まれるほか、未発表作品として注目されているスターフォックス2も入っているのも見逃せない。

ゲームタイトルはホームメニューから選択

電源を入れた後、初期設定として言語選択画面が表示され、その後すぐにホームメニューが表示される。横並びに配置された21個のアイコンから、好きな収録タイトルを選んでプレイすることができるようになっている。また、各種設定などは上部に配置されているアイコンからアクセス可能だ。因みに画面設定で「アナログテレビモード」を選択すると、スーパーファミコンが発売した時代の変化に合わせて、その当時のテレビの見え方を再現するといったギミックも用意されている。

他のゲームタイトルをプレイしたい場合は、本体のリセットボタンを押すことでホーム画面に戻るようになっている。各タイトルのロードスピードはほぼ瞬時に行われ、ストレスを感じることは全くと言って良いほどない。「ちょっと行き詰ったから、別のタイトルで遊ぼう」なんていう時、当時のスーパーファミコンではカセットの切り替えが必要だったものの、ミニスーファミではボタン一つでOKだ。また付属するコントローラーも、当初の大きさのままなので、プレイ時も快適に操作が可能だ。

この記事を読んでいるだけでワクワクしてしまうのは僕だけでしょうか?

前に読んだニュースでは、海外でもかなりの人気・品薄で、入手困難という話だったので、こちらの記事を書いた人は、頑張って入手したのかな?

日本での発売を前に、こうゆう気持ちの高まるニュースは嬉しいなー。

ヨーロッパ版だと英語が多くて疲れてしまうので、僕は無難に日本版を書いますが、日本の発売前にゲットしたいっていうクレイジーな人は、

今からヨーロッパに行って探せばもしかしたら先にゲットできるかも!?

最近、ミニスーファミのニュースがでる度に読んでしまうので困ってます。。。

早くゲットして、落ち着いてゲームしたいですね。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です