レース鳩の速度計算できるアプリを開発した少年、Appleから奨学金を給付される!

Appleからアプリリジェクトで国際電話がかかってきた。

レース鳩の速度計算するアプリを開発した少年が、Appleから奨学金を給付されたそうです。

Appleが14歳少年に奨学金を給付、レース鳩愛好家のためのiOSアプリを評価

北アイルランドに住む14歳の少年がAppleから奨学金を授与されました。祖父を含むレース鳩愛好家のために作ったiOSアプリがAppleの目にとまり、同社の開発者向け会議であるWWDC 2017に招待されたとのことです。

レース鳩の速度を計算できるアプリを開発

北アイルランドのダウン州にあるドロモア出身の14歳のジャック・デレイニー氏は、鳩レースのスタート地点から巣までの距離と時間を入力すると速度を割り出してくれるiOSアプリを開発しました。

鳩レースとは、競技用に繁殖、飼育された伝書鳩がスタート地点から巣(ゴール)にたどり着く速さを競うスポーツです。

祖父の影響で鳩レースにのめり込んでいったデレイニー氏は、今では主要レースに常に同行するまでの実力となっています。

レース鳩

レース鳩の鳩小屋

アプリの使用頻度に目をとめたApple

デレイニー氏の開発したiOSアプリFirst Flightは、週ごとに数千回使用され、それがAppleの目にとまりました。

その結果、わずか14歳でAppleの開発者向けの会議であるWWDC 2017年に招待されます。

「350人いるスカラーシップ受賞者の中に選ばれた」とデレイニー氏はTwitter上で喜びを語りました。

デレイニー氏の開発したアプリは無料でダウンロード可能となっています。

first flightFirst Flight Pigeon Velocity Speed Calculator
カテゴリ:ユーティリティ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

 

この少年が開発したアプリは、アプリの使用回数・頻度が高かったことでAppleの目に止まったとのこと。

iOS11のAppStoreでは、Appleに「Today」の項目で紹介されたアプリは、ダウンロード数が急増したというような話も聞きますが、Appleは、各国のAppStoreで、アプリの使用頻度とか使用回数が多いなどをチェックしていて、その中で面白いと思ったものをフィーチャーしている可能性がありそうです。

アプリ開発者の方は、自分のアプリの利用頻度はiTunesConnectから確認できますが、

使用頻度の高いアプリを目指してアプリを作ったり修正するのもありですね!

 

Appleからアプリリジェクトで国際電話がかかってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です