AppleにiOSアプリ申請したら26分でアプリ審査を通過しました!【自分史上最速】

AppleにiOSアプリ申請したら26分でアプリ審査を通過しました!【自分史上最速】

最近のAppleさんは仕事が早いとは思っていたが、これほどとは。。。

先日、Pedoroっていう万歩計アプリにアプリ内課金を導入して、バージョンアップ申請をしたんですが、

これまでAppleに申請を出した中で、最速のタイムが出ました!

 

Appleへアプリ申請を出してから26分でアプリ審査通過!

 

こちらの画像をご覧ください。

AppleにiOSアプリ申請したら26分でアプリ審査を通過しました!【自分史上最速】

AppleにiOSアプリ申請したら26分でアプリ審査を通過しました!【自分史上最速】

僕は、iPhoneにiTunesConnectのアプリを入れてまして、アプリのステータスが変更されたりすると、

iTunesConnectのアプリからプッシュ通知が飛んで来たりするんですが、

「Waiting For Review」から、「Ready for Sale」になるまで、約26分。。

これまでこんなに審査が早かったことはなかったので、正直ビビります。。

 

昔のAppleの審査は、1週間くらいかかっていた

 

昔はAppleに申請出して、大体1週間とか2週間くらいしないと、審査結果が来ませんでした。

2週間待って、リジェクト。。また2週間待って、リジェクトすると1ヶ月という。。。

iOSのアプリ開発案件とかだと、iOSアプリの申請に時間がかかることを考慮して、リリース日を考えなくちゃいけませんでしたが、最近は、1日とか2日で審査が通るようになりました。

Appleの審査担当者が増員されたのでしょうか?

ともかく、審査の時間が短くなるのはアプリ開発者としてはとても助かりますよね。

今回、申請して26分という恐ろしいタイムが出たわけですが、Appleが早く申請してくれた原因を考えて見ました。

 

Appleがアプリ審査を26分で済ませてくれた理由?1.週末で忙しかった

 

まず考えられるのは、Appleの審査担当の人が、金曜日だし、忙しかったからなのかな?とw

金曜で、明日休みだし、飲み会が入っていたのかもしれませんね。

飲み会の余興頼まれちゃっているから、仕事早く終わらせて、練習しなくちゃ!

Appleの審査担当は急いでいたのかもしれません。

僕のような底辺アプリは、速攻で審査を通してくれました。

(26分ってちゃんと見ているのかな?)

 

Appleがアプリ審査を26分で済ませてくれた理由?2.ちょうど立て続けに審査を行なっていた

 

Appleの審査がどうゆうフローで行われているのかはわかりませんが、ちょうどいいタイミングでアプリ申請できたのかもしれません。

日本のアプリをチェックする担当が、たまたますっごい集中している時にたまたま僕のアプリも審査してくれたのかも?

 

 

Appleがアプリ審査を26分で済ませてくれた理由?3.アプリ内課金を追加したから?

 

ここまでは冗談半分でしたが、これが一番の理由なんじゃないか?って思ってます。

今まで無料アプリとしてリリースしていたアプリで、広告をつけているだけなので、Appleにとっては、僕のアプリが新しい機能を追加しようが知ったこっちゃないはず。

今回、アプリ内課金を入れることで、アプリでアプリ内課金をユーザーがしてくれれば、Appleにも利益になる。

Apple的には、無料アプリで、広告のみのアプリよりも、少しは利益が増えるアプリの方が優遇してくれるのかな?って思います。

まあ、普通に考えたらそうですよね。

商売しているんだから、AppleのAppStoreにとってより有益なアプリを優先するのは普通なこと。

 

Appleさんと仲良くして行くことが大事だと実感。

 

やっぱり、AppStoreは、Appleのものだから、Appleさんが絶対ですよね。

そのAppleさんが黒と言えば、白いものでも黒になる。

Appleさんのためになること、AppStoreのために底辺アプリ開発者として何ができるか?を考えることが、

AppStoreの質の工場、自分のアプリの向上、ユーザーの満足に繋がることなのかな?と思うので、

意識して行かなきゃいけないなーと実感しました。

 

AppleにiOSアプリ申請したら26分でアプリ審査を通過しました!【自分史上最速】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です