AppleがiOS11.3beta2でバッテリー診断機能追加!iPhoneのバッテリーパフォーマンスの最大化方法も公開

AppleがiOS11.3beta2でバッテリー診断機能追加!iPhoneのバッテリーパフォーマンスの最大化方法も公開

AppleがiOS11.3beta2を公開しました。iOS11.3beta2ではバッテリーの劣化状態がチェックできるバッテリー診断/管理する機能が追加されたようです。

 

iOS11.3 のバッテリー診断・管理機能とは?

 

AppleがサポートページでiOS11.3で追加されるバッテリーの状態を確認できる機能の詳細を説明しています。

バッテリーの状態

iOS 11.3 には、バッテリーの状態を表示し、バッテリーの交換が必要な場合はそれを推奨する新機能 (対象は iPhone 6 以降) が追加されました。この機能は「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態 (ベータ)」にあります。

さらに、ピークパフォーマンスをダイナミックに管理することで突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能がオンになっているかどうかをユーザ自身が確認し、それをオフにできるようにもなりました。この機能は、バッテリーの最大瞬時給電能力が低下したデバイス上で突然のシャットダウンが最初に起きた後にのみ有効化されます。この機能は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus に適用されます。

参考:(Apple) iPhone のバッテリーとパフォーマンス

AppleがiOS11.3beta2でバッテリー診断機能追加!iPhoneのバッテリーパフォーマンスの最大化方法も公開
AppleがiOS11.3beta2でバッテリー診断機能追加!iPhoneのバッテリーパフォーマンスの最大化方法も公開
AppleがiOS11.3beta2でバッテリー診断機能追加!iPhoneのバッテリーパフォーマンスの最大化方法も公開
バッテリーの交換が必要なタイミングか確認できる機能と、バッテリーの劣化した場合にiPhoneのパフォーマンスを落としてシャットダウン等を防ぐ機能を使うか切り替えられるようになります。(iOS11.3以前は強制的にオンの状態)



iPhoneのバッテリーパフォーマンスを最大に引き出す方法をAppleが公開!

 

AppleのサポートページにはiOS11.3のバッテリー状態確認機能の説明の他にも「iPhoneのバッテリーパフォーマンスを最大限に引き出す方法」も公開しています。

Appleによると、以下のような事を心掛ける、設定を行うことでバッテリーパフォーマンスの最大化が行えるようです。

  • 最新のソフトウェアにアップデートする。
  • 設定を最適化する。(画面の明るさ調整やWi-Fiをなるべく使うようにする)
  • 低電力モードを有効にする。
  • バッテリーの使用状況に関する情報を見る。
  • コンピュータをコンセントにつなぎ、電源を入れてから、デバイスを充電する。

参考:(Apple)バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす

iOS11.3で追加されるバッテリー診断機能と、iPhoneのバッテリーパフォーマンスを最大限に高める方法を心がければ、iPhoneをより長く快適に使えるようになりそうですね。

 

その他オススメ記事

iOS11でバッテリー消費が激しいと感じる人必見!バッテリー消費を抑える設定まとめ

2017.10.11

iOS11.2.5でバッテリー消費は改善される?iOS11.2.5にアップデートしてバッテリー消費を確認した人の声

2018.02.03

Appleがバッテリー診断機能やiPhoneXのアニ文字追加などiOS11.3のアップデート内容を公表!

2018.01.25

iPhoneのバッテリー交換タイミングが簡単にチェック可能?CPUの速度がチェック可能なアプリ

2018.01.17

iPhoneX専用のバッテリー消費を抑える方法があった!バッテリー駆動時間を大幅アップ!

2017.11.13

iPhoneXでバッテリー残量がパーセント表示されず困ってる人向けのバッテリー残量表示法

2017.11.29
AppleがiOS11.3beta2でバッテリー診断機能追加!iPhoneのバッテリーパフォーマンスの最大化方法も公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です