仕事をやめて、独立して生きていくためにいくら必要なのか?を考える

仕事をやめて、独立して生きていくためにいくら必要なのか?を考える

おはようございます!

今日は、「仕事をやめて、独立するまでにいくらあれば、事業が軌道に乗るまでしのげるか?」を考えたいと思います。

僕自身、会社をやめて去年の8月に独立して、自転車操業でなんとか現在まで食いつないでいる状況ですが、

もし、会社を辞める前の状態に戻れるなら、もっとお金をためてから独立した方がよかったなって思うことが結構あったので、

今日はそのことについて書きます。

 

独立したら、収入は不安定

 

もし、この記事を、将来的に独立したいと考えている人が読んでいるとしたら、

ある程度の貯金を貯めてから、独立することをオススメしたいです。

なぜなら、独立したら、毎日、毎月、自分の力で仕事を取ってきて、仕事をこなさなきゃいけないんで、

本当、収入が安定しません。ある程度、今ある仕事を独立してもできる場合を除いて、貯金しておくに越したことないです。

 

 

実際、どのくらいの貯金が必要なの?

 

だいたい、1、2年分の生活できるくらいの貯金がないと、それがストレスにもなるんで仕事にも影響しちゃいます。

今月、来月の生活費どうしよう?とか。

そーゆーことを考えていると、今やっている仕事とかも、集中できなかったりするんで、

最低でも、半年間生活できるぐらいはないと、危険かなーって思います。

毎月の生活費って、人によって様々かとおもんですが、

独身だったら、家賃入れて15万くらい?、結婚していたら、20万くらいは生活費だけで消えるんで、

150万〜200万くらいあれば、とりあえず大丈夫なのかな?って思います。

 

独立して個人事業主になると、年金とか、健康保険は自分で払わなきゃいけない

 

多分これから独立したいって考えている人なら、すでに調べて知っていることかもしれませんが、

会社員時代は、年金とか健康保険料を、会社が給料から引いてくれますが、

個人事業主とか、自営の場合、年金や健康保険は自分で払わなきゃいけません。

また、会社員に比べ、個人事業主とか自営の人って、年金や、健康保険を会社員よりも多く支払わなきゃいけない。

(個人事業主とか、自営の場合、適用される制度が違うので)

だから、会社員時代と同じ額のお金を仮に稼げたとしても、年金やら健康保険の支払いで、会社員時代よりも収入が減ってしまう可能性があります。

なので、独立したら、会社員時代よりももっと稼がないと、同等の生活はできません。。。

 

家族とのお金トラブルを避けるために会社を辞める前に貯金をしよう

 

とりあえず、今日一番伝えたいのは、

「家族とお金のトラブルにならないように、貯金をしてから会社をやめよう」ってことです。

独身の人は、全く関係ない話?かもですが、家族を養う立場の人だったら、なるべく貯金することをオススメします。

独立すると、タダでさえ、収入が不安定になり、家族も心配するので、

家族をなるべく心配させないためにも、事業を軌道に載せるまでは、最低限の生活ができるような貯蓄を作れば、

家族も安心して応援してくれるのかな?って思います。

独立は大変ですが、自由もかなりあるので、僕は、オススメします!

 

はい。今日はそんな感じです。

ありがとうございましたー。

 

 

仕事をやめて、独立して生きていくためにいくら必要なのか?を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です