個人事業で生きていくことの難しさ

SE(システムエンジニア)になって嫌だったこと

今日は土曜日、休みだー!

文章力向上のため、なるべく平日も自分の考えをまとめて発信していきたいところですが、なかなか仕事に追われて書く時間を作れない。。

今日は休みで少し気持ちに余裕があるので、今思うことなどを書き残して置こうと思います。

今日のテーマは、「個人事業の難しさ」についてってことにします。

 

1年働いてみて感じた、個人事業の難しさ

去年の八月に勤めていた会社をやめてフリーランスとして独立しました。

この1年あっという間でしたが、1年働いてみて感じたことなどを書いておきます。

項目としてまとめると、4つくらいかなー。

  1. 仕事の営業と業務を同時平行で行う必要がある。
  2. 定期的・安定した収入を稼ぐことがなかな大変
  3. 時間的な自由はあるけど、自由な時間が多い分、悩む時間・時間の無駄遣いが多い
  4. 将来的なビジョンが見えづらい・体力的な不安

 

1. 仕事の営業と業務を同時平行で行う必要がある。

売り上げの大きい案件、毎月運用保守が発生する案件がある場合、気にする必要がないかもしれませんが、

そう言うものがない場合、受けている仕事をしながら、次にやる仕事を取りに行かなきゃいけない。

会社だったら、営業して仕事を取ってくる人、受けた仕事を終わらせる人など担当が別れてますが、

個人でやる場合、全て自分でやらなきゃいけない。

来月、再来月にやる仕事がもうある場合、問題ないですが、今やっている仕事が大変だけど、来月やる仕事がないから仕事を取って来ないとみたいなことがあると大変です。

つい最近、1年くらい保守していたサービスが終了してしまい、毎月やっていた保守がなくなりました。

安定していた売り上げも、来月以降大きく変わってしまう見込みなので、これから頑張らねば!って思ってます。

 

2.定期的・安定した収入を稼ぐことがなかな大変

1と関係してくることかもですが、定期的に新しい仕事を取って来たりするので、収入の落差が激しいです。

どうにか毎月生活費以上の収入は稼がないと生きていけないですからね。。。

納品して請求書を発行しても、実際に入金されるのは、1ヶ月とか2ヶ月後だったりするので(クライアントによってまちまちだと思いますが)、最低でも2ヶ月前に請求が完了しておくようにして置かないと、今月全然お金ありません!ってことになっちゃうから気をつけないと。。。

3.時間的な自由はあるけど、自由な時間が多い分、悩む時間・時間の無駄遣いが多い

ここが今一番問題かもしれない。自由な時間が多い分、悩む時間、時間の無駄遣いが多くなってます。

仕事中、ほとんどずっとYouTubeを流したり、ラジオを聞いたりしてるんですが、気になるYouTuberがおもしろそうな動画をあげたりしてると、ついつい見てしまい、気づいたら30分立ってた!。。とかざらにあります。。

そして、ふと今週、来週、来月の予定などを考えだすと止まらなくなってしまったり。

とにかく、集中力を維持するのが今後の課題かなー。

4.将来的なビジョンが見えづらい・体力的な不安

最後は、将来的なビジョンが見えづらいこととか、将来的な体力の不安です。

システムエンジニアとかプログラマーって、ほとんどの場合、デスクワークの時間、仕事をしている時間が、多分他の仕事をしている人よりかなり長いです。

緊急対応が必要になった時や、期限ギリギリで休日なしで1ヶ月とかぶっ続けで働いている時に、

ふと「このままこの仕事してて、体力的に40代、50代になっても同じような仕事できるのかな?」って

不安になることがあります。

今は全然問題ないし、もっともっと頑張りたいって思うんですが、40代、50代で同じような仕事ができるか?って考えると、微妙かもしれない。

会社勤めをしていれば、40代、50代は役員として会社の組織作りをしたり、部下、後輩の育成役に回ることができますが、個人事業だとそうは行かない。

なんとかこの問題の解決法は考える必要がありそうです。

 

まとめ

 

ということで、とりあえずまとめ。

まあ色々と難しいところはありますが、会社やめて後悔しているか?って言われると、

「全くそうは思わない。今の方が100倍楽しい」って即答できると思います。

何より、仕事は楽しいし、自分のペースで仕事できるし、自分の時間も持てる、未来を自分で決められる、毎日を一生懸命生きていることを実感できるって思うから。

多分個人事業は向き不向きがあると思うけど、自分は会社員よりも、個人事業の方が向いている気がします。

ということで、個人事業は難しいところもあるけど、楽しいところもあるので、

もし個人事業をやりたいっていうような人がいるとしたら、こうゆうことを知って欲しいなっていう内容の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

 

SE(システムエンジニア)になって嫌だったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です