ドラゴンボール超、亀仙人のスケベ行動が放送倫理問題に発展!?

亀仙人のスケベ行動が放送倫理問題に発展!?ドラゴンボール超

こんにちは。

今日は、ドラゴンボールの人気キャラ、「亀仙人」のアニメでの行動について、BPOに意見された!?って話題です。

「嫌な時代になったものだ」 『ドラゴンボール超』、今さら亀仙人のスケベさでBPOからご意見を寄せられる

 

BPOが、素直にうなずけるご意見もあれば、思わず首をかしげたくなってしまうご意見も、「これはツッコミ待ちなのかな?」という珍意見も寄せられることで定評のある、「2017年5月に視聴者から寄せられた意見」を公開したので、紹介してみたい。

まずおたぽる的に気になるのが「アニメ番組で、断ることのできない年上の男性から、若い女の子が身体を触られたり、下着を覗かれたりというシーンが放送された。ストーリーとはほとんど無関係だ。我が家の子どもも大好きで毎週欠かさず見ているが、子どもも見るアニメとしては不適切な内容だ」という意見。

ネット上のアニメファンの反応・推測を探ると、『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)を指しているのでは、という声が多いようだ。5月7日に放送された第89話「現れた謎の美女! 天津流道場の怪!?」。全宇宙の命運をかけ、選ばれた10人の戦士が戦う“力の大会”に出場するため、戦士を集めていた孫悟空。久しぶりに天津飯のところへ向かうと、立派な道場を建て、たくさんの弟子たちを育てていた。

道場の名誉師範として亀仙人も招かれていたのだが、そこに可愛いが何やら怪しい新キャラクター・ユーリンが登場。天津飯を逆恨みするユーリンは、妖術を駆使して孫悟空や天津飯を苦しめるのだった——というストーリーが展開された。

新キャラで可愛い女の子が登場、しかもエロい目に遭ってしまったため、男性ファンからは歓迎の声が挙がったのだが、たしかにセクハラといえばセクハラではある。だが、亀仙人といえば30年以上前の初登場時から腕はすごいし、偉いはずなのだが、どうしようもなくスケベというギャグキャラとして描かれてきた人気者。

 

この記事を読んで、肩身の狭い世の中になったなーって思いました。。

 

 

BPO(放送倫理・番組向上機構)とは?

 

この記事から引用させて頂くと、

放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関

 

とのことです。

放送についての苦情や、放送倫理問題に対応する機関。

 

 

昔からのドラゴンボールファンとして

 

ドラゴンボールの漫画を全て持っていた僕として、

「亀仙人はこうゆうキャラだから!!」

って思います。。

 

他にも同じ気持ちの人は多いはず。。

まあ、昔は放送していたことが今は倫理違反で放送できないことは増えているのは、

子供の教育上とかを考えるといいことなのかもしれないけれど、

放送倫理スレスレなことって、反面教師的な意味合いもあるのかなって思います。

やりすぎると、逆に子供の教育上よくないのかな!?って。

見た上で、個人個人が考えて、判断していける世の中になって行ったらいいのになって思わせるニュースでした。

 

 

 

亀仙人のスケベ行動が放送倫理問題に発展!?ドラゴンボール超

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です