iPhoneがどんどん賢くなる!?iOS11で追加される機械学習機能「Core ML」

iPhoneがどんどん賢くなる!?iOS11で追加される機械学習機能「Core ML」

おはようございます!

今回もiOS11のネタ。

iOS11のパブリックベータ版が公開され、ますますAppleのiOS11に注目が集まってきてますが、

僕がiOS11で一番注目したい機能が、機械学習「Core ML」の機能です。

 

機械学習機能 Core MLとは?

AppBankさんの記事によると、

『iOS 11』で追加される『Core ML』とは

予測・判断に必要なデータを「学習モデル」として取り込み、モデルに基づいて与えられたデータからプログラムが予測・判断し、その結果をアプリに伝える枠組みを指します。

例としてAppleが挙げているのは、不動産価格を予測するアプリです。地域の不動産価格に関するデータをまとめて学習モデルとして用意すれば、入力された部屋数からCore MLが不動産価格を予測してアプリに伝えられます。

これは開発者がアプリに組み込むもので、一般ユーザーはCore MLを直接使えません。アプリを介してCore MLに予測・判断させ、その結果をアプリで確認することになります。

Core MLをまとめると、データをプログラムに学習させて、予測、判断を行うことができる機能です。

人工知能みたいでワクワクしますよね!

 

Core MLを拡張してできること

 

こちらもAppBankさんの先ほどの記事から

Core MLだけでは処理できるデータの種類に限りがあるので、iOS 11に用意されている『Vision』や『Foundation』・『GameplayKit』と組み合わせます。

VisionはCore MLが画像を認識する、FoundationはCore MLが言葉を認識する、GameplayKitはCore MLを使ってゲーム内の環境を計算させる際に使うものです。

Vision

Visionは画像を解析する枠組みで、その結果をCore MLに送れます。画像を識別するための学習モデルを用意すれば、画像から撮影した場所(例:空港・寝室・森・海岸)や、主な被写体(例:木・動物・食品・車・人)などを判別できます。

GameplayKit

プレイヤーの動きに対して、敵や対戦相手のキャラクターにどんな反応をさせるかを定められる機能です。これは『iOS 9』から追加されています。

 

Core MLと、他のフレームワークを組み合わせれば、アプリに画像や言葉を認識させたりゲームの敵キャラクターをプレイヤーの動きに合わせて変えたりできるらしい!

なんかこれらの機能を使えば、さらに面白いアプリが作れそうですね!

 

Core MLでどんなアプリが作れるか?

 

で、このCore MLでどんなアプリができるのか?をちょっと考えて見ました。

今パッと考えた感じだと、

・カメラをかざすだけで、ものの名前を表示したり、発声してくれるアプリ

・悩み相談アプリ(いろんな過去のデータから、最適なアドバイスをくれる)

・オセロゲームで最強のAIを作成して、友達同士で戦わせるアプリ

・プレイヤーの動きや傾向に応じた、より強いNPCの作成

とか?

なんか、考えるだけでも夢が広がりますね!

 

今日のまとめ

 

はい。ということで、今日のまとめです。

・Core MLはiOS11で追加される、アプリに機械学習させることができる機能

・Core MLと他のフレームワークを組み合わせれば、可能性は無限大!

って感じです。

ありがとうございましたー。

 

iPhoneがどんどん賢くなる!?iOS11で追加される機械学習機能「Core ML」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です