iOS11では世界の都市を空中散歩できる!?AppleマップにVRモードが追加される

iOS11で画像や動画の容量が50%削減されるらしい!どーやって削減するの!?
おはようございます。
今日もiOS11のニュースから。
昨日、↓の記事で紹介しましたが、AppleがiOS11のパブリックベータ版を公開しました。
いよいよ、iOS11のリリースが近づいてるなって感じですが、
iOS11では、Apple純正のマップアプリも大幅なバージョンアップを行うようです。

iOS11のマップに「VRモード」、世界を自分の足で散策可能

iOS11のベータ2では、純正マップアプリで世界の主要都市の空中散歩を楽しめるFlyover機能に、ユーザーの動きに対応するVRモードが追加されています。動作にはA9以降のプロセッサが必要となります。

iOS11のマップにVRモード

先日、開発者向けに公開されたiOS11ベータ2では、マップアプリのFlyover機能に、ARKitを活用した「VRモード」が追加されている、と複数の開発者がTwitterに動画を公開しています。

iOS11ベータ2のマップアプリで、Flyoverを開始すると、端末の向きや動きに応じてマップも動き、世界主要都市を自分の足で歩き回っているような感覚を楽しめます。

 

AppleのマップアプリにFlyover機能というものが追加されたようです。

上記のサイトに、実際に使用した様子が動画で見れますが、

「Flyover」モードにすると、

その都市の上空を鳥のように見下ろせて、端末の向きや動きにより、視点や風景が変わるようです。

まさに空中散歩している見たいで未来的ですね!

 

多分、iOS11をインストールしたら、みんな1回は絶対やりそう。

実生活での活用方法はちょっと謎ですがww

 

でも、AppleのiOS11向けの新しいフレームワークである、ARKitを使った機能なので、
Apple的には、iOS11では、ARKitを使ってこんなことができるようになりますよ!
ってゆうデモ機能の意味もあるのかな?と思います。
iOS11のパブリックベータ版もリリースされているので、気になったかたはiOS11で試して見るのもいいですね!
iOS11で画像や動画の容量が50%削減されるらしい!どーやって削減するの!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です