2017年8月第4週のまとめと9月の予定

システムエンジニアのキャリアプランを考える

おはようございます!

今日もめちゃくちゃ暑い。。

今週もあっという間に土曜日です。最近1週間が早すぎでビビります。

今回は、今週の振り返りと、9月の予定についてダラダラと書きたいと思います。

 

2017年8月第4週のまとめ?

 

今週やったこと

・第2弾 iOSアプリ GraPhoをリリース

・第3弾 iOSアプリ 万歩計を申請(リジェクトを食らった。。。)

今週、グラフ作成アプリのGraPhoをリリースしました。

意外とダウンロード数が増えていて、びっくり。(って言っても1日15件くらいですがw)

グラフの画像を作成するアプリってありそうで意外となかったからなのか、

このままのペースなら、ToDooのダウンロード数を抜くかも!?

多分、todoに比べて競合が少ないからなのかな?と思ってます。

todoアプリってものすごい数ありますからね。

まあでもToDooもGraPhoも、徐々に機能を追加して行って、いいサービスに育てていけたらいいなって思います。

あ、あと、第3弾アプリの万歩計アプリを作りました。

またメタデータリジェクトを食らってしまったので、再申請。。。

なんというか、iTunesConnectに登録するアプリ名の縛りが厄介。。。

僕のアプリはアプリ説明分とタイトルをローカライズしているから、英語と日本語でアプリ名とアプリ説明文を用意するんですが、日本語でのアプリ名を英語で翻訳すると、必ず文字数オーバーしてしまう。。

あと、メタデータリジェクトを受けた時に、ローカライズしたアプリ名は、日本語と英語で同じような意味のものになってないとリジェクトするよっていう内容のメールも来たので、

日本語と英語で同じ意味になる文章にしつつ、

文字数制限(確か30文字まで)をクリアしつつ、

キーワードっぽい文章にしないようにしつつ、

ASO(アプリ検索に引っかかる)の為にタイトルにキーワードを入れないといけない。

これが結構厄介。。。

まあ、ローカライズせずに日本語だけで出すよっていう場合はあんま気にする必要はないかもですが、

実際、自分の作ったアプリをより多くの人に使ってもらいたいって思うなら、ローカライズはやっときたい。

でも、キーワードをたくさん入れないと、検索にも引っかからない。。

難しいですね。

まあでも、AppStoreはアップルさんのサービスなので、アップルの法律(ガイドライン)を守らないと追い出されてしまう。

前回のアカウント停止で本当思い知りました。。

来週こそは、万歩計アプリをAppleの審査通してリリースしたいと思います。

 

2017年9月の予定

 

9月は受託案件が入っていたりと、8月に比べて忙しいですが、

週1でアプリ作るのは続けたいと思います。

9月は4個くらい。

前回のアカウント停止で、AppStoreから削除されてしまったアプリたちをリメイクして徐々に出して行きたい。

前は、1日1個新規アプリ申請みたいなことをやって、80個くらいのアプリを作りましたが、

機能を流用しすぎたのか、似たようなアプリがたくさんあるという理由で、AppleにアカウントをBANされました。

前に作った80個のアプリは確かに機能的に被っているものがありました。

タイムアタック系のゲームアプリで、違うゲーム内容だけと、トップ画面や結果画面、タイマー表示とかが同じようなアプリを結構作ってしまっていたので、そうゆう機能的に被っているアプリを統合してリリースしていこうと思います。

新規アプリを作る方が楽しいんですが、せっかく作ったものだし、そのままずっと放置して置くのもあれだなって思ったので。

ということで、8月も残りわずかですが、頑張って行きたいと思います。

ありがとうございましたー。

 

 

 

 

 

 

システムエンジニアのキャリアプランを考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です