あと4ヶ月で目標達成する為のマインドセット

システムエンジニアのキャリアプランを考える

今日は山の日らしいですね!

Wikipediaによると、

山の日(やまのひ)は、日本国民の祝日の一つである。日付は8月11日2016年平成28年)1月1日施行の改正祝日法で新設された。

国民の祝日として「山の日」を制定することを求める日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等からの意見を受け、2013年4月、超党派110名の議員連盟「山の日制定議員連盟」(会長:衛藤征士郎、幹事長:丸川珠代、事務局長:務台俊介、副会長は7党派から。最高顧問:谷垣禎一)が設立された[1]

2013年6月30日に山の日制定議員連盟が開いた総会にて、6月上旬、海の日の翌日、お盆前、日曜日を祝日とする案の中から、お盆休みと連続させやすい利点があるとしてお盆前の8月12日を祝日とする案が採用された[2]

しかし8月12日は、1985年日本航空123便墜落事故と同日であり、しかもJAL123便が墜落した場所も御巣鷹の尾根、つまり「山」という事から、群馬県選出の小渕優子衆議院議員らが「JAL123便事故が起きた日をお祝いするのは違和感を覚える。これでは山の日ではなく『御巣鷹山の日』になってしまう」と懸念を示し、大澤正明群馬県知事がJAL123便事故を理由に日付の見直しを求めたことを受け[3]、議員連盟は11月22日の総会で最終的に8月11日を山の日とすることを決定した[4]

なお、8月11日が採用された理由には、漢数字の「」の下に「11」と書くと山の麓にが2本立っているように見える、或いは山に向かって進む一本道に見える、など諸説あるとされるが、これらの説は後からこじつけたものにすぎず、実際には前述のように予定していた8月12日がJAL123便事故と同日であることからその前日に宛がったというのが実情であり「8月11日」という日付そのものに意味は無い。以上のことから山の日の制定には批判的な意見も多い。

 

山の日を作ろうってゆう団体が提案したことから発展して、国民の祝日になったんですね。

試しに言ってみるもんだなーw

 

今日は休みなので、今の現状や今後のことなどの整理の為、ダラダラと書いていきたいと思います。

 

2017年の目標

とりあえず、2017年〜2017年度(2018年3月まで)中の目標は前に書いた通り、自分のサービスで生活できるようになることってことです。

2016年8月にフリーランスになってから今でだいたい1年が経ち、いろいろと考え方や、仕事への取り組み方も変わってきているように思いますが、今やっぱり自分が一番思うことは、

「周りに依存しないで生きていけるようになりたい」ってことです。

会社員時代、会社にお金をもらっている以上、会社の為に働くこと、会社の売り上げ、利益に貢献することを意識して働いてきましたが、

結婚してから、もし会社が倒産したら今の生活を維持できるのか?とか、

転職しても今と同等のモチベーションで仕事ができるのか?ってことがとても不安になったので、

会社の売り上げに左右されない、自分が働いた分、結果として返ってくる、フリーランスという道を選びました。

1年くらいフリーランスとして働いてきて思うのは、フリーランスもお客さんの会社に仕事をもらわないと、その会社に依存しないと食べていけないってこと。

仕事をもらっている以上、やりたくなくても、お客さんに対してペコペコしたり、お客さんの言う通りにしたりしなきゃいけない。

それって、会社員時代に会社の言いなりに動かなきゃいけなかった状態とあんま変わらないんじゃないか?って思ったんです。

仕事を依頼する側、される側で変な上下関係が生まれてしまって、やりたくないこともやらなければいけない。そんなの当たり前じゃんって思うかもだけど、それって意味あるのかな?って。

お客さんや、会社の人にペコペコしたり、いい顔しても、結果的にいい仕事、いい結果が残せなきゃ意味ないじゃんって思うんです。

受託でお客さんの為にいいもの、いいサービスを作りたいってゆー気持ちはあるけど、お客さん的には、こっちが依頼しているんだからって感じで、自分の主張を通したがる。

そうゆうことがあると、「じゃあ、言われた通り作ります。それなら文句ないでしょ?」って感じで、お客さんと一緒にいいサービスを作ろうって気持ちが萎えるんです。。

そうゆうことがいろいろ積み重った結果、

「ユーザーさんに喜んでもらえるサービスを自分で作る」

ってことが一番自分のやりたいことなんだと改めて思いました。

とても大変な道のりではあるけど、どうにかして有限実行したい。

 

2017年8月現時点での状況

 

で、ここからは現状の話。

今年もあと4ヶ月、今年度もあと7ヶ月くらいって状況になりました。

5月末に始まった、Appleのリジェクト問題ですが、結果的に7月末にiOS開発アカウントがBanされて、終焉を迎えました。

ようやく、昨日復帰第1弾のアプリがリリースできた状況で、現状リリースしているアプリは、

iOSアプリ 1個、Androidアプリ 4個くらい。

iPhoneユーザーだから、iPhoneユーザーの気持ちがわかるからってゆーのもあるかもですが、

やっぱりiPhoneアプリを作っている方が楽しいし、ダウンロード数的にも、やっぱiPhoneアプリの方が伸びがいい。

2017年中は、iOSアプリとAndroidアプリを交互に作って行こうと思っていたけど、開発モチベーション的にも、楽しさ的にもiOSアプリの方がいいので、

2017年はやっぱりiOSアプリを中心に作って行こうかな。

 

売り上げ状況的に、あと4ヶ月で生活できるくらいの売り上げを立てるには、かなり厳しい状況ですが、なんとか結果を出して行きたいと思ってます。

多分、いいサービス、ユーザーが喜んでくれるサービスは、自然と売り上げも上がるはずだから、ひたすらいいサービスを作っていくしかない。

売り上げ目標としては、自分が生活できるラインの売り上げを100%とした場合、

8月:20% ←今ここ(8月の見込みとしては、10%くらい。。。すでに厳しい。)

9月:40%

10月:60%

11月:80%

12月:100%

12月まで毎月目標売り上げの20%を売り上げられれば、12月に目標達成できる。

今8月で、今の段階だと、8月の売り上げ見込みとしては、売り上げ目標の10%くらい。。

AppleからのアカウントBanがなければもっと行ってたはずなのに。。。って感じです。。。

かなり厳しいけどなんとか頑張りたい!

1ヶ月にアプリ4個出すとして、5ヶ月で、20個。

とりあえず、12月までは、祝日は午前中、土曜はイベントがない限り、アプリ開発に当てることにします。

今は本当頑張るしかない!今の頑張りを絶対に将来に活かせるようにしたい!

今の苦しい状況を変えるためにも、なんとか目標達成したい、有言実行したいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

システムエンジニアのキャリアプランを考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です